本文へスキップ





明日の一手Kawanishi's blog

2013.05.11

NKS理論

休日がまた来ましたね!習慣って恐ろしいですね!
私は、大きな企業に在籍していた時は土曜日曜だけでは物足りず、
早く休みの日が来ないかなー、と考えていました。

しかし、今はお付き合いする方が土曜も働いている事と、自分の好きな仕事を模索しながら働いているためか、日曜日も仕事をしたくてウズウズするようになりました。
むろん、大好きなお酒・ゴルフ・ウォーキングも欠かせません!

振り返ってみると・・・
私は過去の人生において、ほとんどが嫌な仕事でした。
それを楽しくできないのか?
当時はそう悩む暇があったら行動することが一番、と思っていました。
それって人によって違いますが、20代や30代ではこなせた事で、
歳とともに嫌な仕事は嫌で空虚感がストレスとなり活動できなくなります。

そんな時に発見したのがNKS理論です。
それからの人生が本当に楽になりました。

笑わないで聞いてくださいね!
それぞれの頭文字をアルファベットで表現しています。

N:乗り越える
K:工夫する
S:避ける

解説します。
人生の成功者や先輩が自然とこなしている仕事。
そう、例えばそれが電話によるアポイントだとします。
それは N:乗り越えて電話したほうがいいですよね!
しかし、どうしてもできない。
根性出してもできない。
嫌々やっていると、その素晴らしい仕事が全て嫌いになってしまいます。

そんな時、あなたならどうしますか?
配置転換してもらいますか?仕事を辞めますか?
現実には簡単ではありませんね。

そこまで考えた後は、K:工夫してみるのです。
例えば電話アポイントの嫌いな理由を分析してみます。
それが “恥ずかしいから” という理由だとします。
だとしたら恥ずかしいのは周りに人がいるからですよね。
工夫して人が見ていない場所や状況を作って電話してみるのです。

毎日、毎日やっているうちに頭で考えて電話していたのが、
身体で覚えて無心にできるようになります。

そこまで出来たらもう周りは気になりません。
堂々とできますよね!

しかし、いろいろ工夫したけどどうしてもできない場合、
S:避けましょう!
電話するのをやめるのです。

その時に自己判断するのは危険な場合が多いです。
なぜなら、人間は自分に甘いから全て避けようとします。
逃避旅行が始まってしまいますよね。
やーめた!の連続はクセになりますからね。
必ず避けていいか、止めていいか、他人に相談してください。

その時に相談する相手が重要です。
上司や先輩や同僚はダメです。
ルールがあります。利害関係のない人に相談するのです。
部署が違う人や同業でない友人などです。

例えばこんな風にです。
「あのさぁ、最近どうしても会社の中でお客様にアポイントの電話ができないんだよ。
いろいろ工夫してみたんだけどね。そこで飛び込み営業や紹介営業ならできるので、そちらに
力を注いで成果を出すように頑張ってみようと思うけど、どう思う?」
利害関係のない人に相談することで
無用な説得はされませんから、素直に行動や約束ができるのです。

そう、嫌な仕事を避けても埋め合わせる以上の成果が上がればいいのです。

さて、NKS理論のやり方です。
今抱えている重要な問題を3つ書いてみてください。
そしてその項目にNKSのどれか記入してください。
整理ができてすっきりしますよ。
仕事で憂鬱から解放されます!

とても成果が出るNKS理論です。
次回は、その成果をお話しましょう


(2013年5月11日)