本文へスキップ





明日の一手Kawanishi's blog

2013.06.08


実践 K:工夫について


私が常に工夫している事は、
悩んだら紙に書いてみることです。

書き方にもコツがあります。

悩みを紙の真ん中に書いてください。

そうして悩みに対する問題点を周りに記入するのです。

時間を区切ります。5分間で記入してください。
そうすると真の問題点が明確化します。

何を工夫すれば解決するのか?これが理解できます。

・悩みは紙の真ん中に書く
・時間を区切って書く

この2つのポイントを守って、是非トライしてみましょう。

例)
 悩み 【紹介】
 □問題点 順不同
  ×紹介依頼を必ずはしていない
  ×紹介者シートを活用していない
  ×紹介依頼するとき、具体的に「誰を」を話していない
  ×お誕生日カードなどのサービスをしていない
  ×紹介好きな顧客がいない
  ×既契約の定期訪問をしていない
  ×定期的なニュースレターをまめに送っていない
  ×顧客に紹介を中心にするKEYマンがいない
  ×タイアップ先がない
  ×自分の魅力を伝えられていない

こうやって記入してみると、
まだまだ努力すれば解決策があるかもしれません。

もし、工夫を実行しても、解決策が見つからない場合は
S:避けるを検討することです。


(2013年6月8日)